読書記録

『金持ち父さん貧乏父さん』(ロバート キヨサキ)

お金の勉強をしたい人にとって一度は読んでおくべき本です。

金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん [単行本]
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2000-11-09

お金や働き方、人生についての価値観が変わる本です。

この本はストーリーになっていて、「金持ち父さん」と「貧乏父さん」が登場します。
そして、「金持ち父さん」は「六つの教え」を教えてくれます。
①金持ちはお金のためには働かない
②お金の流れの読み方を学ぶ
③自分のビジネスを持つ
④会社を作って節税する
⑤金持ちはお金を作り出す
⑥お金のためではなく学ぶために働く

もう少し具体的に書くと以下のようになります。

①自分がその場にいなくてもお金を生み出す事業を持つ。

②資産と負債の違いを知り、資産を買う。
③職業から(だけ)ではなく、自分のビジネスから収入を得る。
④ファイナンシャル・インテリジェンスを身に付ける。
⑤(お金を貯めるのではなく)投資をしてお金を作り出す。

⑥(支払いのために懸命に働くことになる前に)将来を見渡して、広く学べる仕事をする。

「いい大学に入って、いい会社に入って、いいお給料を貰い、ローンで夢のマイホームを持ち、定年まで働く」人生を目指すのは難しくなってきています。

お金で苦労したくない、人生を変えるキッカケがほしい、という人は読んでみてください。

この本を読むのは若ければ若いほどよいので、まだの方はすぐにでも読んでみてほしいです。
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2000-11-09

(改訂版)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2013-11-08
おわり。