おすすめ本

『嫌われる勇気』(岸見 一郎)

学校や職場の人間関係で悩みがある人の助けになる本です。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え [単行本(ソフトカバー)]
岸見 一郎
ダイヤモンド社
2013-12-13

”すべての悩みは対人関係の悩みである”と書かれており、どんな悩みも根っこは対人関係にあるということが分かりました。

他人に対してどうする、のではなく、自分がどういう関わり方を選ぶか、ということだと感じました。

悩める青年と哲人の対話形式で、読みやすいです。

堅苦しい表現はありません。

自分に自信がない青年の悩みが自分と重なるようで共感できました。

もしかしたら、最初はわかるようでわからない、となるかもしれません。

しかし、何回か読んでこそ意味がある本です。

何度も読む価値あるいい本です。

数か月後、数年後に読み返してみるときっと新たな発見があります。

まず一回触れてみるといいでしょう。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え [単行本(ソフトカバー)]
岸見 一郎
ダイヤモンド社
2013-12-13