おすすめ本

【お金の入門書】お金のことがよくわからない人が最初に読むべき5冊。

このページでは次のような方に向けた本を紹介します。
・お金に強くなりたい
・お金に困りたくない
・お金の勉強は全然やったことない
・勉強したいけど、どんな本から読めばいいかわからない

まず、どうやったらお金が増えるか考えてみましょう。
”お金が増えるか”どうかは①~③のトータルで決まります。
①収入を増やす
②支出を減らす
③資産運用の利回りを上げる

そして、「お金の本」はたくさん売られていますが、①~③のどれかにあてはまります。
①「年収を上げる方法」「副業の方法」などの収入を増やすための本
②「節約生活」「税金を取り戻す方法」などの支出を減らすための本
③「株で儲ける」「不動産投資の方法」などの資産から収入を得る本

いきなり部分に特化した本を読んでも、ほかのところでミスを犯しては意味がありません。
・年収が上がったのに、同じ分だけ生活水準も上げてしまう…
・節約をがんばっているのに、何も考えず35年住宅ローンを組んでしまう…
・本業をおろそかにして株で一攫千金をめざす…
などなど。。
お金が増えるかはトータルで決まります。

だから、まず読むべき本は ”お金に対する基本的な考え方を学べる” 本です。

そこで、わたしが読んだ「お金の本」約60冊のうち、入門書としてわかりやすく、勉強になった本ベスト5を紹介します。

 

①金持ち父さん 貧乏父さん

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)
改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本) [単行本(ソフトカバー)]
ロバート キヨサキ
筑摩書房
2013-11-08


説明不要のベストセラーですね。
もう読まれた方も多いと思います。

いろんな本を読んだら、この本の影響を受けた本が多いことがわかりました。
なので、影響を与えたこの本を先に読んでおくといいと思います。
ほかの本が読みたければ、この本のあとでかまいません。

分厚い本ですが、ストーリーを織り交ぜながらなので読みやすいです。

 

②お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方

新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫)
新版 お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 知的人生設計のすすめ (幻冬舎文庫) [文庫]
橘 玲
幻冬舎
2017-08-04


この本も『金持ち父さん 貧乏父さん』の影響を受けた一冊です。
日本版『金持ち父さん 貧乏父さん』ともいえます。

『金持ち父さん 貧乏父さん』は興味深い本ですが、具体的な部分はアメリカの法制度をもとにしています。
それを日本に合わせた内容にしているのがこの本です。

人生でかかるお金について、数字で分析し、解説しているのでわかりやすいです。

感情や世間の常識にだまされず冷静なお金を見られるようになります。

 

③外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話

外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話
外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話 [単行本(ソフトカバー)]
ジョン太郎
翔泳社
2015-06-20


投資をするにあたり、知っておくべき概念をわかりやすく理解できる本です。

・フローとストックの考え方
・出資と融資の違い
・投資とギャンブルの違い
など、基本だけど絶対に理解しておくべきことはすべてこの本で学べます。

子どもでもわかるレベルの理解しやすさで、教育にも使える内容です。

 

④貯まる生活

貯まる生活―見えない未来にそなえる家計マネジメント術
貯まる生活―見えない未来にそなえる家計マネジメント術 [単行本]
林 總
文藝春秋
2011-12-01


シンプルなタイトルですが、家計に対するマインドを変えてくれる一冊です。

ドラッガーの『マネジメント』の考えを”家計”に取り入れています。

家計を会社経営と同様に考え、マネジメントしていくための本です。

予算の立て方、管理のしかたなど、経済合理的に家計を管理するための方法がわかります。

 

⑤カイジ「命より重い! 」お金の話

カイジ「命より重い! 」お金の話
カイジ「命より重い! 」お金の話 [単行本(ソフトカバー)]
木暮太一
サンマーク出版
2013-04-22


漫画や映画の『カイジ』を知らない人は手に取りにくいかもしれません。
しかし、知らなくても読めるので気にせず読んでほしい本です。

読者がピンポイントになりそうな割にかなりいい本でした。

借金、利子、保証人など、人によっては避けたい内容かもしれません。

しかし、知らないと必ず”負ける”ことになるので絶対に知っておかねばなりません。

自分のことは自分で守るために読んでおきたい一冊です。

以上、読んでみたい本が見つかればうれしいです。

お金の知識(マネーリテラシー)はすぐには身につきませんが、本を読んで少しずつ高めていきましょう。